スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月11日のOSS

昨日、平成24年3月11日は東日本大震災より1年が経った日。
女川町では町主催の「東日本大震災一周忌追悼式」が行われました。
多数の参加者が見込まれ多くの方が参加してくださいました。

国内の各所へ避難していた方々も前日より女川に帰ってきていたようで
朝の早い時間から会場周辺では普段見かけない車が多く駐車してありました。

そんな中の一台に和魂のワゴンを発見!
この日、思い出検索所の応援にと総勢9名で駆けつけてくれました。
当初の予定では3班に分かれて「写真洗浄」「検索所の補助」「検索所の案内」と
分かれる予定でしたが、予想以上の人の多さに「検索所の補助」と「検索所の案内」
の2班で動くことに。

通常開所日は来場人数をカウントしておくのですが・・・・
数えれませんでした…あの状況で数えれる人は野@の会クラスの人かと…
ざっくりと1日で約200人程の方が来場し、PCによる写真検索は40名程の利用でした。
本当であれば当日の様子を写真でお伝えしたかったのですが、そんな余裕ありません(==;
和魂のヘルプが無かったらパニック通り過ぎておかしな事になってたかもしれません。。
この場を借りて、改めて和魂の皆さんにお礼を申し上げます。

今回の来場者の方々は、大半は町外あるいは県外から来た方がほとんど。
でも、親戚やお知り合いなのどの写真を見つけては喜んでおりました。
これがきっかけとなり、より多くの方に思い出検索所の存在を知ってもらえたと思います。
スポンサーサイト

3月10日のOSS

IMGP1048.jpg

本日は去年の今日と同じく天候は「雪」
まるで震災を忘れないようにと降っているようなそんな雪でした。
あの日から1年。
様々なことがあった1年で、短かった様な長かった様な・・・
多くの犠牲になられた方々のご冥福をお祈りすると共に
震災の経験を忘れずこれからの未来を作っていかなければと思います。

さて。
明日、女川町では追悼式が行われます。
そのため多くの方々が女川町に戻ってくるだろうと考え「思い出検索所」では
より多くの方々に利用していただき、かつ写真や拾得物を持ち帰っていただきたいと
考えました。そこで、行われたのが「思い出検索所」の模様替え。

IMGP1051.jpg

まずは、入ってすぐのところに受付を移動して町民以外の方の入場を制限すると共に
効率化をはかろうと思います。
(ちょっと見づらいですが、写真奥のテーブルが受け付けです)

IMGP1053.jpg

空いている壁に洗浄が間に合った大きな写真
(カレンダー加工された物など)を貼りました。
部屋の中央にはインデックスとなる写真を収めたポケットアルバム
また、拾得物の一覧表などが置かれたテーブルになります。
拾得物に関しては3月4日に貴重品等を警察に引き渡したので
その分のリストも作成しました。

IMGP1055.jpg

そして、洗浄部屋「思い出エンヂニアリング」の工房(?)
警察に貴重品関係を引き渡し、再整理を行ったおかげで作業スペースが
大幅に拡大しました!なんと収容人数は今までの倍に!
(と言ってもギリギリ12名位なんですが・・・)
いままでこじんまりとしていた休憩スペースもしっかりとることが出来ました^^
明日はどの位の人数が来場するか想像もできませんが、来た方に不便のない様
心がけ業務に当たりたいと思います。
でも、明日は和魂のメンバーが応援に駆けつけてくれるのでちょっと頼もしいです。

2月26日のOSS

今日は「あらいぐま作戦」と「☆MM思い出返し隊☆」の方が1名ずつ来てくれました。

あらいぐまさんは3回目の方だったのでアルバムを渡しておまかせコース。(ぉぃ
MM思い出返し隊の方は、様々な紆余曲折があって初めてお越しいただきました。
(詳しくはMM思い出返し隊のブログをご覧ください)

IMGP1041.jpg
※お二人の作業風景。

基本的にはいつもやっている作業を行っていただきましたが
MMの方は、女川でやっている作業が珍しいと言うか驚くというか…
とりあえず覚えれるだけ覚えて帰ってもらう事に専念しました。
これで救える写真が多くなれば幸いです。


IMGP1043.jpg
女川にもスパイが!!(((( ;゚Д゚)))

2月22日~24日のOSS

2月22日~24日の3日間でNPO法人「和魂~WAGOKORO~」さんが
手伝いに来てくれました。先月来た際に代表理事の篠田さんより
「月一回の3日間では自分達としても『足りてない・もっとできる』と思うんです。
 千葉に写真を持ち帰って作業させてはもらえませんか?」
と申し入れがあり、当初はお断りしていたのですが

『女川のクオリティを維持できるリーダーを育成し、作業時にはリーダーが
責任を持って現場管理する事』

を条件としてお願いいたしました。

IMGP1006.jpgIMGP1007.jpg
※リーダー研修の様子(2月10日:和魂・代表理事の経営する店舗にて)

和魂さんにお願いした作業は「洗浄作業を含む『破損写真の修復作業』」です。
元の写真が水や油によってダメージを受け、カビや破れなどの劣化状態が激しい物を
少しでも像が見れる状態に戻す作業をお願いしました。
現在女川で行っているメイン作業となります。
外部団体にお願いするにはどうしても輸送業者を使い発送する事になるのですが
輸送中の衝撃により像(原本の紙そのもの)が壊れてしまうものが多く
外部にはお願いせず現地で作業を行う事になっておりました。
今回、和魂さんのお申し出を頂いた時はその懸念もあった為にお断りしていたのです。
ですが月一回で女川に来ている現状があるので、その際に自分たちで持ち帰り
次回の参加の時に仕上がった分を持ってくるという方法で対応する事で解決しました。

そして、22日。
IMGP1028.jpg
IMGP1030.jpg
※作業風景

和魂のメンバーによる現地作業開始です。
基本的にはリーダー研修の参加者がメインとなって女川での洗浄も行いスキルアップを
していくと言うことのようです。みんな作業の飲み込みが早くとても助かりました。

24日は和魂さんのメンバー3人と個人でお越しいただいた方が1名おりました。
IMGP1031.jpgIMGP1037.jpg

中日のメンバーは和魂さんのメンバーのみで4名入って頂きました。
(写真が無いのは東海が撮影を忘れたためです。。参加してくださった方々スミマセン。)

確実に未処理の物は減っているのでこれからも様々な人たちに手伝ってもらいながら
また、こちらからも手伝える事があれば手伝っていき、少しでも多くの人に少しでも早く
帰せるようにがんばって行こうと思います。

2月19日のOSS

みなさま、お久しぶりです。
ずっと更新していなかったダメな人が帰ってきました。

毎日更新!を目標にしていたのですが、変らないメンツと繰り返しの作業で
なんだか業務日報みたいになっていたので悩んでおりました。
なので、これからは女川写真洗浄の関する進展があった時や
ボランティアさんが来てくれた時に更新をしていこうかと思います。

そんなわけで、今日は2名のボランティアさんが来てくれました。
お2人とも写真洗浄をするのは初めてとのことだったので、まずは中間処理施設
から回収されたアルバムたちを解体する作業を行っていただきました。
意外と状態が良い物が多く、これから増えていくであろう作業になると思います。
まだ、アルバムとしての識別をしていないのでアルバム個数は出ておりませんが
ざっと200枚前後を一枚一枚破損したアルバムから解体していただきました。

そして、今日は思い出検索所の開所日。
トータルで11名の方がご利用いただき、約400枚程の写真が持ち主の元へと
帰っていきました。やはり、「無いと思っていたのに・・」と喜んでいただくと
やってて良かったなぁって思います。
まだまだ、問題点も多いですが頑張って改善していければと思います。

 BLOG TOP  »  NEXT PAGE

かうんたー

プロフィール

NECO 

Author:NECO 
何が出来るワケでもないが
やれそうな事から一つずつ。

NECO:女川写真洗浄

E-mail
onagawa_syasin_senjou◎yahoo.co.jp(◎→@)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。